基礎化粧品でしっかり保湿することが大切

基礎化粧品の使い道は、肌の水分と油分を最適な状態に保つことに他なりません。何と言っても洗顔した後の肌は皮脂が逃げ易くなっており、即座に水分を補給してやることが不可欠です。そういうわけで基礎化粧品が必要とされるのです。 化粧水は洗顔によってアルカリ性に傾いた肌の性質を弱酸性に戻し、肌を柔軟にして次につける美容液のなじみをよくするという働きがあります。衛生的にした手にたっぷりと取って軽くパッティングするようにしてなじませていくべきです。乳液は油分を含んでおり、肌の表面の角質を整えるトロリとした感触が特徴となります。その反面、オイリー肌の人や皮脂のてかりが気になる人はでたらめにつけすぎることのないよう、気をつける必要があります。美容液は油分をほとんど含んでおらず、有効成分をギュッと濃縮した、肌に対するカンフル剤のような働きをします。クリームは油性の保湿成分をたっぷりと配合しており、安定性が高い反面、油の成分が多いためにつけすぎるとニキビなどの原因となります。 このように基礎化粧品は様々な特徴を持っています。もし決まったアイテムを毎日顔全体につけているような習慣があれば、それは肌トラブルを招く可能性があります。日毎に体調が異なるように肌の状態も変化するものですので、肌の手触りなどに応じて必要なアイテムを必要なだけつけるというのが正しい基礎化粧品の使い方になります。化粧水を顔全体になじませて、水分が足りずまだカサついているようであれば美容液を足す、などプラスマイナスの調整が重要事項だと断定できます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *